« May 2011 | Main | November 2011 »

グンマの休日

1


ブルーベリーを採りにおいでと、川場村の方にお誘いいただき、タッパーを数個持参して行ってまいりました。
御覧の通り、たわわに実っています。
指導された通り、まだ青い部分を落とさないように紫に熟した実を収穫・・・したのはほんの10分くらいで、すでに採っておいてくださったものを含め、持参したタッパに入りきらない量をいただいてきましたscissors

2


大部分はジャムにして、毎日ヨーグルトにたっぷり入れて楽しんでいます。
一緒に行った友人は帰りにホームセンターでブルーベリーの苗を買うほど、10分でブルーベリーにはまった様子。
川場のSさん、ありがとうございました!


川場の道の駅はイベントがあった様子で、いつもに増して大混雑で寄ることを断念。

その後、昭和村の奥利根ワイナリー
3


こちらは前にもこのブログで紹介していますが、今回は季節も違うせいかよりワイナリーらしく雰囲気がよくなっています。
5


↑ぶどうもたわわに実っています。
4_2


群馬とは思えない風景。
でも奥の畑はこんにゃくですから。
間違いなく群馬です。


こちらのレストランも大人気で入れず、犬とちょっと遊んで畑を散策して失礼しました。


昼食難民と化しヨレヨレになるも、農産物直売所でおそばにありつけ、一命をとりとめました。
こちらの直売所、拡張工事中でなにやら立派になる様子。乞うご期待。


その後帰路につきますが、3時のおやつは鮎fish
6


綾戸簗に寄りました。

夏はやっぱり簗!
値段が高いだの、どうせ養殖だの、鮎しかないだの言うのはノンノンpunch
無粋というものです。

7_2

鮎が焼けるまでは、やなで水遊び。
暑ーーーい日でしたが、水は冷たくて気持ちいー。
空には夏らしい入道雲。まわりは緑の山に囲まれ、遠くにSLの汽笛なんか聞こえちゃって、これぞグンマの休日

Photo005_0011


くしくも9/30まで群馬ディスティネーションキャンペーン中です。

8


肝心の鮎の写真取り忘れました。

| | Comments (0)

サッカーあれこれ・その2

昨日は長い1日でした。
大波賞的な。


朝3時半に起きてsoccer女子W杯決勝をtv観戦。
起きなかったらどんなに後悔したでしょう。
延長前半に2点目を入れられた時は、正直もう諦めました。ここまでよくやったと。

なのに延長後半残り3分でまたまた追いつくなんて!
残りの数分での米のFKをかわし、そしてあのPK戦。

W杯優勝はすごい偉業ですが、あの決勝戦だけでもとてもエキサイティングで感動的でした。
こんな素晴らしい試合をタダで、しかもパジャマ姿で見せてもらえて申し訳ないくらい。
月並みですが、感動をありがとう!!!

その感動から16時間後・・・・soccerザスパはガイナーレ鳥取に5-0で負けました。
3連敗、6試合勝ちなしです。
入場料は2000円。


ザスパを応援しはじめて4年目。
昨年の開幕5連敗も、二年前の6-0での負けも経験しています。
それらの時と同じ。
得点の気配がまるでなし。
ずるずるまた失点しちゃいそうと思っているとその通りに。


なにが悪いのか私にはよくわかりません。
それとこんな時のサポのモチベーションというか、気持ちの持ち方もよくわかりません。
あの試合で最後まで立って声をだして応援することは私には無理。
かと言ってブーイングもできない私。
ひたすら凹みます。


忙しい一日でした。

| | Comments (0)

サッカーあれこれ

友人に誘われて、初めてsoccerJ1の試合を見に行きました。
大宮アルディージャvsガンバ大阪@NACK5スタジアム(大宮)です。

1


スタジアムは大宮駅から20分ほど歩き、氷川神社の参道をぬけ、神社のとなりにあります。
すぐ近くのビルまで何度か講習会で来たことがあったのですが、神社に来たのは初めて。
各地にある氷川神社の総本社だけあって立派!!!
参道の木々も大木で歴史の深さがうかがえます。
知らなかった・・・sweat01


3


2


スタジアムはサッカー専用で、ピッチと観客席がとても近くて迫力があります。
コーナーフラッグのすぐ上に席をとったので、日本代表のあの選手のCKもこんなーに近くで生で見られて感激happy01

バックスタンドの頂上までちょっとした登山気分を味わってきました。
最後列でもみづらいことはなくむしろ爽快。

試合はといえば、さすがはJ1。
見慣れているJ2の試合とは、スピードはもちろんパスやトラップの精度もろもろ違ってみえました。
結果は3-2で大宮が負けてしまったものの、群馬出身の大宮・石原選手の2得点があり、ドイツへ移籍する大阪・宇佐美選手のJリーグでのラストのプレイも見ることができて大満足。


4


こちらは、アウェイ大阪のバックスタンド。
サポーターの応援も両者ともさすがJ1。

大宮は同じ埼玉にビッグクラブの浦和があることもあり若干地味ですが、J1昇格を目指しているわがザスパ草津とはいろんな意味で雲泥の差があり、あのステージdiamondにはまだまだ遠い道のりがあるように思いました。

そうこうしているうちにザスパのラフィーニャがガンバへ期限付き移籍のニュースがっ。
ラフィ・・・sweat02、きみってやつは・・・。
杉本君がもらったPKをさっさと自分で蹴って、GKにがっちりとられていたきみのデビュー戦が思い出されます。
契約期間中に移籍したら移籍金ががっぽりチームに入るようなことを前に植木GMが言っていたような気がしますが、今回は期限付きなのでどうなのかは不明。
さらば、ラフィ。


そうこうしているうちに、なでしこW杯決勝進出!!!
本当にうれしいニュースです。
決勝は早起きしてtv応援します。


ザスパもたのみますよ。
ついこの間5位だったのに、ずるずると負け続け現在12位。
ここらへんが定位置みたいな気がしちゃうけど、これじゃイカン!
ほんと、たのみます。

| | Comments (0)

栗田美術館

1


2


「美術館へは悪天候の平日に」がモットーの私。
梅雨明けしていないとはいえ酷暑sunの先日、思いたって栗田美術館に行ってきました。


足利市にある伊萬里、鍋島専門の陶磁美術館で、三万坪という丘?山?に施設が点在する大規模な美術館です。


前々から行きたいと思っていたのですが、北関東自動車道が震災後ひっそり開通してぐっと近くなったこと、それともうひとつ、いままで何度となく「tv開運!なんでも鑑定団」が好きなことは書いてきましたが、最近BSで「鑑定団が3倍おもしろくなる!目からうろこの骨董塾」というすばらしい番組を見つけ、見事に触発されました。


期待以上の空き具合で、広大な駐車場には私の他にはたった1台の車しかなく、敷地内で見かけた観覧者は3人だけでした。


おかげでじっくりゆっくりたっぷり味わうことができ、いままでぐちゃぐちゃで違いがよくわからなかった有田、伊萬里、鍋島、柿右衛門のことが少しわかったような気がしています。


伊萬里の輸出用につくられた豪華絢爛な巨大な壷や絵皿をたくさん見た後は若干辟易とすることはいなめませんが(もちろんそれだけが伊萬里ではありません)、鍋島の無名陶工たちの手がけた器の中には、はっとするほどモダンなデザインのものがあったり、清々しい気持ちにさせてくれるものが少なくありません。

同時に創立者の「伊萬里、鍋島以外の作品には一顧だにせざる信念」にも清々しさを感じます。


Img_1167


園内は庭園や四季の花も楽しめます。
かたくりの花が群生する場所もあるらしく、次回は是非かたくりの花咲く頃に行きたいと思っています。

| | Comments (0)

« May 2011 | Main | November 2011 »