« November 2011 | Main | December 2012 »

謹賀新年

01


毎日さむーい日が続いております。
昨年の今頃は、大腿骨頚部骨折で入院し、ぬくぬくと暖かい病院で過ごしていました。
いいときに入院したなーと改めて思う今日この頃です。

さてさてまだギリギリ1月なので許してね。
あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


昨年末には、柳宗理氏菊竹清訓氏と立て続けに建築・デザイン界の大御所がお亡くなりになりました。


菊竹氏といえばメタボリズム。
くしくも1月15日まで森美術館ではメタボリズムの未来都市展が開催されていました。
古い図面や、巨大な模型、中銀カプセルタワーの実物の一部、関係諸氏のVTRなどなど・・・見ごたえあるすばらしい展覧会でした。

ちなみに、メタボ・・・って、お腹の周りのぜい肉のことではないですから!

1960年代に丹下健三、黒川紀章、菊竹清訓氏らを中心に展開された建築運動で、「新陳代謝」のこと。
学生時代に習いましたねー。

上記のお三方はすでに亡くなられてしまいましたが、作品は生き続けています。
群馬県内では、菊竹氏の館林市役所(現・館林市市民センター 1963年竣工)をみることができます。

13年位前に行きましたが、かなり古いです。
でもしっかりメタボが感じられます。
こういう建物を残し、使い続ける館林市はえらいです。

| | Comments (0)

« November 2011 | Main | December 2012 »